何の取り柄もない私だけど……。

何の取り柄もないけど大きな夢はある

私は、これといって大きな資格もなければ、学歴も高校卒だし、転職回数がこれまで10社以上もあって何も取り柄というものがない。
なにか、趣味とか得意なことがあればよかったけど、これと言って、そうゆうモノもないし…..。
そんな私が、起業したいなんて、思うなんて馬鹿げてるって自分で思っていた。

だから、何か特別な技術とかある人は、本当に羨ましいなんて思ったこともあったっけな。
あとは、前職の強みがあるとかね。
けど、何の取り柄もないけど、私には大きな夢があった。
それは、自分の会社を設立することだ!!今だに、自分の会社を設立することは、諦めていない。

会社を設立したいと思ったきっかけ


私が、会社を設立したいと思ったきっかけは、自分が転職活動をしてきた経験から、あることを感じていた。
それは、会社側は『学歴、経歴、才能』などで判断し、生まれもったものや、生まれもった環境で、会社側から必要とされるか?どうか?を判断される。
けど、私は確かに転職回数は多かったが、その分、様々な職種で色んなことを学び、努力してきた経験が強みになっていると思う。
でも、それは私がただ1人思っていることで、会社という組織では、転職回数が多いと、辞め癖がついていると判断される。
ようは、世間一般的な目線で、会社に必要な人材かどうか?を判断されていた。

私の過去は転職難だった


私は、転職回数が多かったのには理由があった。当時は、氷河期時代と言われていて、今よりも就職難と言われていた時代だった。
だから、『学歴、経歴、才能』がある人でなければ、採用されない時代だった。私のような、お金がなくて大学や専門学校にも行けず、才能も経歴もない場合は、すぐに採用されるような会社を選ぶしかなかった。

だけど、考えてみれば、すぐ採用されるってことは、すぐに人が辞めてしまうから人手が足りない会社。
つまり、ブラック会社に就職をするしかなかったのだ。
そして、私はブラック会社に3社も当たってしまい、経営者の無茶振りな経営に、精神的な鬱になってしまった過去がある。

そして、やっとの思いで、まともな会社に就職できたとしても、『学歴や才能』がある人は待遇が優遇される。
私が、どんなに頑張っても、評価されないけど、『学歴や才能』がある人は違った。
うちの主人もそうだが、大学に行ったというだけで、会社では優遇れる会社という組織に疑問を持った。
やっぱり、諦めず努力している人に、光を当てるべきではないか?ってね。

諦めず努力している人が報われる会社を作る

もちろん、最近ではそうゆう会社も増えているが、まだまだ、努力している人よりも『学歴や才能』で判断される会社が多い。
だから、私はどんなに転職回数が多くても、何らかの諦めず努力をしている人を救いたい!!!
いや、そんな会社ができたらいいなって思っているんです。

だからと言って、今の時点では、どんな会社にするか不明なんだけどね(笑)
起業の世界でも、努力というよりも、もっと違う方法で成功を収めている人を知っているが、やはり、そういった方法は長くは続かない。
いつかは、見抜かれて終わる。

やっぱり、正しいことを諦めず努力している人が、私は大好きなんだなって、つくづく思う。
そうゆう人に夢をつかんで欲しいって思うし、光が当たって欲しいなって思う。
だから、自分も諦めずに、大きな夢のために、正しい努力をコツコツしていこうって思います。
ってなんか宣言ポイ、ブログですいませんね(笑)

まとめ

メルマガ登録をしていただくと、『安売りしなくても、あっという間に満席になるアメブロを使った文章の書き方』無料のステップメールで学ぶことができます。

「こんな濃い内容を、メルマガで教えてくれるなんてすごいです」(占い師Mさん)
「いつも役立つ情報をくださって本当にありがとうございます」(パン講師Sさん)

などたくさんの嬉しいお声をもらっています!!登録は無料ですので、ぜひ登録してみてください。

▼▼メルマガの詳細はこちらから▼▼
https://mayu0813.com/mailmagagin/?blog

コメントを残す