家庭とおうち起業とのワークライフバランスという考えはもう古い!

地方の子育てママが、たった1年未満で、おうちにいながら年商2,600万円達成した方法を
今なら、無料メルマガ登録で全て学べますよ。

▼無料メルマガにご登録してください▼
https://peraichi.com/landing_pages/view/zoomallinone

「まゆかさんは、お子さんまだ小さいですよね?子育てとおうち起業をどのように両立されているのか?知りたいのですが….

というご相談をいただきました!

現在、私は3歳の息子を育てるママでもあります。
今年から息子を保育園に通わせていますが、去年までは息子がいながら、おうちで起業をしていました。

そんな私ですが、私なりの意見を言わせていただくと
家庭と仕事のバランスを考える働き方は、もう古い!ということです。

なぜ、おうち起業1年目は家庭との両立が難しいのか?

実は近年海外では、『ワークライフバランスは、もう古い!』と言われています。

 

「マルチタスクもワークライフの両立もしない」
これはアマゾンCEOジェフ・ベゾスが2017年ロサンジェルスのサミットで語ったことでも有名な言葉ですが、

家庭と仕事のバランスと考えると、50対50の割合をイメージし、このバランスが崩れていると感じたり、バランスが整っていないと感じれば、(このやり方は私には合ってない)と考え
おうち起業を始めても、すぐに挫折する方もいます。

または、家庭と仕事のバランスが不安で、おうち起業を始めたくても、(忙しくなるのではないか?家庭と仕事のバランスが崩れるのは嫌だ)と考えて一歩踏み出せない方もいます。

ですが、そのような働き方ではなく最近では、『ワークライフインテグレーション』という働き方が海外では注目されているようです。

この働い方の考え方は、ギリギリのラインで両立しなければいけないプレッシャーも
どちらかを選んだらもう片方を犠牲にするトレードオフもなく
そこにあるのは限られた時間をいかに自分が納得できるように使うか、その時その時を最大限に集中して過ごせるか、という考え方になります。

このように、家庭とおうち起業とのバランスや両立をしていく考え方よりも
限られた時間を、自分らしい1日だったと過ごす方が、生産性も上がると言われているのです。

子育てと仕事のバランスを意識したを起業ママの末路

私の知り合いですが、彼女と知り合ったのは2017年の頃の話です。
彼女のお子さんは当時、2歳くらいで、私の子供よりも1つ上のお子さんを抱えながら
自宅起業を目指していました。

最初は、彼女も自宅起業をやるために、いろいろ資格を取得して頑張っていたのですが
起業は、会社員よりもやることは多いし、1人で全てやらなきゃいけないことから
子供との時間が、なかなか作れないことに悩んでいました。

そして、彼女が自宅起業してから1年くらいたった頃に、今まで黙っていた旦那さんから
「子供が可哀想じゃないか!」「子供がもう少し大きくなってからでいいのではないか?」という注意をされたことをきっかけに

彼女は、子供との時間と、起業との両立に最後まで悩んで、起業を辞めてしまいました。

彼女は自宅起業している時に、彼女のファンであるお客様もたくさんいました。
そして、彼女も見ていると、とても輝いていて自分のやっているサービスが楽しそうでもありました。

ですが、きっと彼女の中で『家庭とのおうち起業バランス』ができないのは、イコールダメなことなんだと思ってしまったんだと思います。

私は彼女の事例から、何かを得たいのなら、何かを手放さないといけないこともあると思いました。
私は、今でも子供との時間は充分に取れているのか?と言われたら、普通の専業主婦よりは
全然、子供との時間はないです。

でも、子供との時間は作ろうと思えば、いつだって作れると思っています。
別に今じゃなくても、これからたっぷり作れるんです。
だからこそ、私は今は何が優先なのか?を考えながら動いています。

例えば、去年から、1年間は『実績づくり』のために時間をさこうと決めて、子供との時間よりも
『生徒さんの成果』『自分自身の実績』に力を注いできました。
おかげ様で、無名だった私が、今ではおうち起業っていったら=まゆかさんというイメージを持っていただけるようになり、去年よりも断然、集客とか頑張らなくても人からの問い合わせが増えるようになりました。

もし、私が…『家庭とのおうち起業のバランス』を1年間意識していたら、こうなってはいなかったと思います。
このように、今の自分にとって優先すべきことは何なのか?を考えて、動いていけば、いづれは『家庭とのおうち起業のバランス』も整い、人のお役に立ちながら、収入も得られるようになっています。

だからこそ、最初から『家庭とのおうち起業のバランス』を意識するには、リスクがあると私は思いました。
私は、もちろん家族も大事です!でも、それ以上に自分の人生もたった1度しかないからこそ
後悔する生き方はしたくないと思っているくらい大事だからこそ
優先を意識して行動することを意識しているのです。

私がやっているおうち起業と家庭の両立をお伝えしていきます

1、旦那さんに協力をしてもらう

家事は旦那さんに協力してもらえるところは、協力をしてもらうようにお願いしました。

私の場合
・食器洗いは旦那さん
・洗濯は旦那さん
・掃除機は旦那さん
・トイレ掃除は旦那さん

という風に、役割分担があります。
このように、旦那さんに協力してもらうことで、負担が少しでも減ります。
また、協力してもらえることで、感謝の言葉も増えるので、夫婦仲もより一層よくなりました。

2、子供に関しては頼れる人や、頼れるサービスは積極的に使う

子供に関しては、私の場合は、近所に住んでいる義両親に頼っています。

昔は、子育ては全部1人でやりたいし、やらなきゃと思っていましたが、私も誰かに頼ることによって、子育ては1人で抱えるほどイライラしやすくなるので、人に頼ることで子供にとってもプラスになっているなと感じています。

もし、ワンオペ育児の方であっても……。

ワンオペ育児の場合
・一時保育に頼ってみる
・ベビーシッターに頼ってみる

といったように、方法論はいくらでもあるのではないかな?と思います。

私の場合
・お客様のセッションが長引いた時は、義両親に面倒を見てもらう
・保育園のお迎えを義両親に行ってもらう

息子は、義両親にすっかり懐いており、義両親も孫を見れることに生きがいを感じているので
私は、頼ることでいい連鎖が生まれているなと感じています。

3、3ヶ月に1回は、家族と旅行に決めて家族時間を楽しむ


普段は、家族との時間はあまり取れない分、私は3ヶ月に1回は大型な旅行を計画して、家族時間を楽しんでおります。

そうすることで、仕事のモチベーションも上がりますし、子供にもたくさんの経験をさせてあげられるので、このように計画を立てるのもいいかもしれません。

まとめ

いかがでしたでしょうか?家庭と仕事のバランスよりも、いかに自分にとって納得のできる時間を過ごすことができるのか?を考えてみてくださいね。

そう考えると、時間って『お金』を稼ぐことよりも、貴重ですよね。
時間は『お金』と違って、戻ってくるわけではないですからね。

私も、去年までは借金を200万円近く抱えており、でも去年…とても有名な起業塾に更にローンを組んで自己投資をしました。
この話を聞いたあなたは、(借金抱えているのに、更にローンを組むなんてバカじゃない?)って
思った方もいるかと思います。

当時は、旦那からも辞めた方がいいって散々止められましたよ!
でも、こうやって1人で悩んでもなんも解決しない時間がもったいないと思いました。
正直お金なんて、どんな形であれ、ちゃんと働けばなんとか借金を返せるかもしれない….
でも、自分の夢は先延ばしにすることができないと思って、ローンを組んで自己投資した結果

1年未満で、年商2,600万円達成しました。
この経験から1つ言えることは、子育てと同じように、壁につまづいて悩んでいるくらいなら、誰かに頼った方が、絶対に無駄な時間を過ごすこともないってことです。

命も永遠ではないし、(いつか….いつか…..)と思っているうちに、あっという間に時間は過ぎてしまって、後悔しか残らない人生なんかよりも、最短で自分の夢が次々と叶っていく方がよくないでしょうか?
ぜひ、誰かに頼り、あなたの貴重な時間を大切に使うためにも、自己投資をすることを怖がらないで欲しいって思います。

▼無料メルマガにご登録してください▼
https://peraichi.com/landing_pages/view/zoomallinone

お客様の声はこちらから

【お客様の声】体験会に人が来てもらえません!!!
【お客様の声】継続講座に人が全く入りません!!!
【お客様の声】ライバルが多すぎて集客できない
【お客様の声】文章が苦手でなかなか思うように書けません。
【お客様の声】本命商品をもっと必要な人に届けたい!!
【お客様の声】新規集客が、なかなか思うようにできません!!
【お客様の声】ブログを書くことが楽しめなかった……
【お客様の声】ブログや様々な媒体を使っているのに集客できない
【お客様の声】高額商品への誘導の仕方が分からない。
【お客様の声】zoomで売れるための内容が盛りたくさん!!!
【お客様の感想】過去の起業塾が最悪すぎた!!!もっと早く出会いたかった
【お客様の感想】他のサロンとの差別化ができずに毎月売上げに悩んでいた
【お客様の感想】高額なコンサルに通ったのに、これといって成果がなかった
【実績】継続講座へのお申し込みが入りました!!との報告

コメントを残す