zoomで売れるヒット商品(講座)を作る2つの方法

赤字だった和菓子店が、V字回復したようかんを開発秘話


私がよく見ているテレビ番組で、あるヒット商品を紹介していた。
私も、そのヒット商品を見て一瞬で、(これ、欲しいなぁ〜)と思ってしまった斬新な商品だったのです。

それは、なんだと思いますか?
ズバリ!!『パンに載せるスライスようかん』です!!

(何これ〜?)って思った方もいると思いますが、普段よく目にする”ようかん”って
分厚くスライスされたものが、一般的だと思います。

ですが、スライスようかんを発明した方は、自分の子供がパンにあんこをぬっていて、手こずっている様子から
分厚くスライスされたものではなく、薄くスライスすることで
わざわざ、あんこを手こずりながら、ぬらなくてもいいように、スライスようかんをパンの上にのせるだけのヒット商品を開発したのです。

その結果….売上げが低迷気味だった、和菓子店がV字回復し、売上げが倍増したそうです。

誰でもいいからよりも、特定の人に対しての講座を作る

このテレビを見ていて、私が気づいたことは

滝川
世の中のヒット商品は、常識に捉われず、非常識なものである
ということです。

なので、私は常にこの部分を、クライアントさんのzoomで売れる講座を作るときに応用しています。
WEB集客を頑張っているけど、いまいち、自分の販売している講座に
人が集まらなかったり、継続講座が売れない…….。

そんなお悩みを抱えている方の多くが、『常識に捉われた講座を販売している』という共通点があります。

それよりも、お客さんが求めているのは、(それ….ありそうでなかったよね!!)という非常識な講座なのです。

お客様を絞った、講座を作るコツ

では、ヒット商品を生み出す方法をシェアしていきたいと思います。

常識を書き出してみる

自分自身が販売している商品や講座の常識を10個以上書き出してみましょう。

POINT(例)自宅ダイエットサロンの常識
→通わなくてはならない
→コース売りをしている
→施術がある
→料金が高い etc……。

常識を反対にしてみる

書き出した常識を全て、反対言葉にしてみると、新たな商品が生み出せるようになります。

POINT(例)自宅ダイエットサロン
常識:通わなくてはならない→非常識:通わない
常識:施術がある→非常識:施術しない

このように、一般的な常識の真逆を考えると、簡単に非常識が見つかるようになります。
もっと詳しく、知りたいという方は、下記のメルマガを登録してみてください。

▼メルマガ登録の登録ページは、こちらの画像をクリック▼

お客様の声はこちらから

【お客様の声】体験会に人が来てもらえません!!!
【お客様の声】継続講座に人が全く入りません!!!
【お客様の声】ライバルが多すぎて集客できない
【お客様の声】文章が苦手でなかなか思うように書けません。
【お客様の声】本命商品をもっと必要な人に届けたい!!
【お客様の声】新規集客が、なかなか思うようにできません!!
【お客様の声】ブログを書くことが楽しめなかった……
【お客様の声】ブログや様々な媒体を使っているのに集客できない
【お客様の声】高額商品への誘導の仕方が分からない。
【お客様の感想】過去の起業塾が最悪すぎた!!!もっと早く出会いたかった
【お客様の感想】他のサロンとの差別化ができずに毎月売上げに悩んでいた
【お客様の感想】高額なコンサルに通ったのに、これといって成果がなかった
【実績】継続講座へのお申し込みが入りました!!との報告

コメントを残す