アクセス数が100pvと少ないのに、zoomで月100万円を売上げる私。

「ブログのアクセス数をあげなきゃ、売上げが上がらない」
とあなたは、焦ってしまっていませんか?

実は、ブログのアクセス数をあげる必要はありません。

私自身、実はブログのアクセス数は100pvくらいしかないですが、それでも、ブログ経由からメルマガに1日に5件以上登録があり
zoomのみで売上げは、毎月100万円越えをしています。

要は、ブログのアクセス数よりも、あなたが普段から書いているブログの内容が
読者からの信頼を得れているか?どうか?で、zoomで売上げが出るのか?変わってくるということです。

アクセス数を上げるツールが画期的ではない

では、なぜ….ブログのアクセス数よりも、ブログの内容がzoomで売れるには大事なのか?といいますと….

以前、個別相談にきて下さった方で……。

(名前)
新規集客ができなくて困っている、ブログをやってはいるけど、どうしたらいいかわからないので、起業塾に投資をしたけど、うまくいかなかったです。
と起業してはいるものの、新規集客もできなければ、売上げも出ずに困っていたそうですが、今後はzoomを使用して起業活動をしていきたいとのことだったので、相談をのっていると。
(名前)
まゆかさんの、zoomを使用して活動するための『講座作り』から『販売の仕方』までのやり方には興味があります。でも….実は、もう一人気になる方がいて、その方は画期的で今までにみたことや聞いたことがない方法なので、そちらの方のお話も聞いてみたいんです。
というお話だったのです。

で、その後ですが…..ご相談された方が言っていた画期的な方法が何だったのか?が判明したのですが….。
”アメブロのアクセス数を爆発的にあげていき、認知をしていく方法”だったのです。
ようは、2017年に流行った、『アメー〇キン◯』を使用して、爆発的に自動でアメブロのアクセス数をあげて、自分のブログを認知させる方法なのですが、はい…..私もその方法は、2017年にとっくにやりました。

読者の信頼なしにアメー◯キン◯でpv数をあげても失敗する?

私も、2017年の起業初期の頃に、アメブロを使用して集客をしていました。
ですが…全然集客できずに、どうしたものか困っていた時に、あるブログが目に入ったのです。
『アメブロのアクセス数が、たった1日で1000pv達成!!』そんなブログ記事だったのです。
当時の私は…..アメブロのアクセス数は50pv前後でした。当時の私の考えも…….(きっとアメブロのアクセス数をあげれば、集客できるかもしれない)と単純にそう思っていたので、アメブロコンサルで当時有名だった人に教わりにいったのです。

私は、こういった集客のこととか、本当に経営学を学んでいるわけでもないし、WEBマーケッターでもないので
当時は、『アメー〇キン◯』ってものがあることも知らず、『アメー〇キン◯』を使用することで、pv数を爆発的に増やすことができる
ことを初めて知り、(すごーい!!!!)と感動したことを覚えています。

お陰様で、そのコンサルを受けた後は、pv数が3000pvまで上昇し、読者も50人・いいね数30くらいだった私のアメブロは
読者数が1000人まで増えて、いいね数も100は超えるようになったのです。
もう、この頃の私はウハウハで、本当にいいコンサルを受けたなぁ〜と思ったのもつかの間…..。

いざ、集客していこう!!とブログで募集をしても…..1人、2人、とチョロチョロ人が集まるくらいで、思ったより人が集まらず
(やっぱりまだ、pv数が足りないかな?)と思って、1日に1投稿、2投稿と数も増えていき
『アメー〇キン◯』をフル活動をする毎日が始まったのです。
毎日、pv数とにらめっこ!!少しでも数字が下がれば、その日、1日は落ち込んで何も手につなかなくなったりした日もあったり

結局、pv数も1ヶ月くらいは1000pvを保てたけど、その後は、pv数も『アメー〇キン◯』を使用しているのに、だだ下がり…..。
pv数が上がったからって、集客ができるわけもなく…..売上げも出ませんでした。

読まれるブログ内容になってますか?

この事例から気づいたことなのですが

滝川
pv数をいくら集めても読者が『読みたい』と思われるような内容を発信していなければ、zoomでは売れない
ということです。

実は、コピーライティングの父とも言われている、マクスウェル・サックハイム氏という方が、提供している
人間の心理には、『1、読まない2、信じない、3、行動しない』この3原則があります。
ブログを書いても、pv数をいくらあげても、人間にはこの3原則の心理が働いているので、そもそも……

滝川
あなたのブログは、最後まで読まれていない
ということです。

だからこそ、ブログを書いた先にいる読者の方が、『最後まで読みたくなる内容』これが、zoomで売れるためのポイントになると
いうことです。

読者が読みたくなるブログコンテンツとは?

では、読者が読みたくなるブログコンテンツをご紹介していきます。

お役立ち記事が、読者が読みたくなるブログコンテンツになる


なぜ、お役立ち記事が、読者が読みたくなるブログコンテンツなのか?といいますと……。
上記のように、例えば……『CAに合格するための、英語のスキルをあげたい』と悩んでいたとします。

POINT今日あった出来事:今日は英語のスキルを上げるために、英会話教室に行ってきました。
商品のご案内:英語のスキルを上げるためには、英語耳を育てることが大切です。うちは英語耳を短期間で習得できます。
お悩み解決記事:英語のスキルを上げるためには、英語耳を育てることが大切です。英語耳を育てる方法は、1番・・・・

このように、読者が読みたくなるような、お役立ち記事を発信していくことで、読者との信頼を得ていくことができるようになります。

1、誰のためのお役立ち記事か決める


まずは、誰のためのお役立ち記事なのか?を決めていきましょう。例えば……..。

POINT起業初心者のためのブログ集客方法:『ブログを何を使ったらいいかわからない』
起業している人のためのブログ集客方法:『pv数をあげても、ブログ集客できない』
月100万円達成している人のブログ集客方法:『成約率を上げるためのブログの書き方がわからない』

このように、誰に?を決めていくことで、同じブログ集客について記事を書いていくとしても、書く内容が変わってきます。

3、お役立ちネタを作る方法


『誰に?』が決まったら、お役立ちネタを考えていきましょう。
上記のように、お役立ちネタを作っていく方法は、4つあります。

POINT・既存クライアントさんの『お悩み』
→クライアントさんが抱えている『お悩み』は、読者の方も同じように悩みを抱えています。
既存のクライアントさんがいる人は、『お悩み』を聞きましょう。・ライバルのクライアントさんの『お悩み』
→ライバルのクライアントさんの『お悩み』は、未来のあなたのお客様の『お悩み』であります。
ライバルのブログ、メルマガから『お悩み』を見つけていきましょう。・ペルソナの『お悩み』をイメージ
→ペルソナとは、理想のお客様なので、あなたの理想のお客様がどんな『お悩み』を抱えているか
イメージでいいので、考えてみましょう。・本の内容に書いている『お悩み』
→本の冒頭には、読者が抱えている『お悩み』があります。
本の冒頭から、『お悩み』を見つけていきましょう。

とは言っても……私のクライアントさんも、ブログのお役立ち記事を書いているけど
「誰に向けて書いたらいいのか?よくわかりません」というご相談も多いです。
私もそうでしたが、1人では(一体誰に書いたらいいのか?)よくわからず、コンサルをつけてから
私も、書く人が明確になり、よりファンが生まれるブログに生まれ変わり
ブログからメルマガに1日に5名以上登録されるようになりました。

なので、1人や我流では、ブログを書き続けていても、いつまでも集客できなければ、売上げを出すことも難しいんですよね。
参考にしてみてください。

▼小冊子は無料でメルマガ登録いただくと、手に入ります▼

お客様の声はこちらから

【お客様の声】体験会に人が来てもらえません!!!
【お客様の声】継続講座に人が全く入りません!!!
【お客様の声】ライバルが多すぎて集客できない
【お客様の声】文章が苦手でなかなか思うように書けません。
【お客様の声】本命商品をもっと必要な人に届けたい!!
【お客様の声】新規集客が、なかなか思うようにできません!!
【お客様の声】ブログを書くことが楽しめなかった……
【お客様の声】ブログや様々な媒体を使っているのに集客できない
【お客様の声】高額商品への誘導の仕方が分からない。
【お客様の声】zoomで売れるための内容が盛りたくさん!!!
【お客様の感想】過去の起業塾が最悪すぎた!!!もっと早く出会いたかった
【お客様の感想】他のサロンとの差別化ができずに毎月売上げに悩んでいた
【お客様の感想】高額なコンサルに通ったのに、これといって成果がなかった
【実績】継続講座へのお申し込みが入りました!!との報告

コメントを残す