zoomで売れるためには、新規の方は5人のみでいい理由!!!

去年の年商0円だった私が、地方にいながらも、子育てしながらも
おうちにいながらPC1台で、4ヶ月連続安定的に月100万円を達成し続けている秘密を小冊子にまとめました。

▼小冊子は無料でメルマガ登録いただくと、手に入ります▼

WEB集客で大量に人数を集めていた結果

zoomだけで、売上げを出すために、WEB集客をしなきゃと思った私は……..。
たくさんの起業塾に通って、とにかく(WEB集客のノウハウを手に入れなきゃ)と必死でした。

なので、起業塾で教えてもらったことと言えば…….。
「アメブロのアクセス数を集めるために、ブログは毎日投稿、または…..1日3投稿は行うこと」
「SNSは大量に投稿をして、認知をしてもらうためには、1日5投稿は行うこと」
「フォロワーやお友達の数をとにかく集める」
そんなことを教えてもらいました。

確かに、この方法で、WEB上で新規の方は集客できましたが……

どんなに集客ができても、私が悩んだことは、zoomだからなのか?成約率が上がらず
私のzoomセミナーに来ていただいた方のほとんどが

「なんか興味があったので…..話だけ聞いてみたかった」
「価格が他よりも安かったから」
と私のファンではなく、興味本意の方たちばかりを集めてしまっていたのです。

zoomで売れるためには、キャッチコピーが命

この事例から気づいたことなのですが

滝川
zoomで売れるためは、新規の大量に集める方法ではなくて、自分の濃いファンの方を5人集めることで成約率が上がる
ということです。

やはり、対面と違って、zoomのデメリットは、成約率が下がりやすいからこそ……..。
興味本意の方を集めるのでなく、自分のファンの方を集めることを徹底することで、成約率を上げることができます。

zoom集客に適している方法と、zoom集客に適していない方法

では、zoom集客に適していない方法と、zoom集客に適している方法は、どんな違いがあるのか?を解説していきます。

zoom集客に適していない方法

1、zoomのフロント講座に大量に人数を集める
→確かに、大量に人数を集めれば、そのうちの数人は継続コースや継続講座を受けていただく方がいると思います。
ですが、それは確率の問題で、『確実性がない』がないので、毎月大量の人数を集めないといけなくなり
労力が大きくなってしまう。

2、zoom集客で大量に人数を集める方法とは?
・ありとあらゆるSNSを使用して、ありとあらゆるSNSで募集や告知をたくさんする。
・SNSもブログも、大量に友達や、フォロワーを集める。
・SNSもブログも、書いてある内容は、商品の良さや、告知文、今日あったことばかり。

ようは、『数』ばかり集めて『質』を意識していない集客の方法は、zoomは適していません。

zoom集客に適している方法

1、zoomのフロント講座に、少人数を集める
→zoomフロント講座には、自分の濃いファンである方を、少人数でもいいので集めていくことで、成約率が上がります。
理由は、『人は信頼関係』ができていないと、購入に至らないからです。
どんなに人数を集めても、そこに信頼がなければ、ご契約に至らないからこそ、自分の濃いファンを集めていく必要があります。

2、zoom集客で濃いファンを少人数集める方法とは?
・大量投稿よりも、読者の方の信頼を会得できるような、ファン化ライティング
・自分の理想のお客様を狙った、友達やフォロワーの集め方
・自分の理想のお客様を狙った、メディアを選択して、運営していく

ようは、『数』よりも『質』を意識した集客の方法だからこそ、zoomでの成約率が上がります。


▼小冊子は無料でメルマガ登録いただくと、手に入ります▼

お客様の声はこちらから

【お客様の声】体験会に人が来てもらえません!!!
【お客様の声】継続講座に人が全く入りません!!!
【お客様の声】ライバルが多すぎて集客できない
【お客様の声】文章が苦手でなかなか思うように書けません。
【お客様の声】本命商品をもっと必要な人に届けたい!!
【お客様の声】新規集客が、なかなか思うようにできません!!
【お客様の声】ブログを書くことが楽しめなかった……
【お客様の声】ブログや様々な媒体を使っているのに集客できない
【お客様の声】高額商品への誘導の仕方が分からない。
【お客様の声】zoomで売れるための内容が盛りたくさん!!!
【お客様の感想】過去の起業塾が最悪すぎた!!!もっと早く出会いたかった
【お客様の感想】他のサロンとの差別化ができずに毎月売上げに悩んでいた
【お客様の感想】高額なコンサルに通ったのに、これといって成果がなかった
【実績】継続講座へのお申し込みが入りました!!との報告

コメントを残す