あなたのLP離脱されてる可能性ありますよ?

ランディングページ

LPは出だしのキャッチコピーで離脱率を防げる?

ランディングぺージを制作する時はデザインを重視されたり
ペライチさんだとテンプレートで制作されたりする方が非常に多いと思います。
その中でも一番大事なところってどこだと思いますか?

実は一番大事なところって、ファーストビューでこの先読み進めようか離脱するか?が決まります。
ランディングぺージでいうと最初の出だしで決まるということです。
では、どんな出だしだと離脱率が低くなるのか?と言いますと
ペルソナに向けてキャッチコピーが魅力的か?魅力的でないか?で離脱率が決まるんです。
ちなみにLPは3秒でファーストビューがよくなければ離脱されると言われています。

キャッチコピーとは?人の注意を引く宣伝文句。

ブログとLPは一緒の原理

では、なぜペルソナに向けたキャッチコピーが大事だと言いますと
例えばブログでも同じことなんですが、あなたが他の方のブログを読んでみたいなって思える時ってどんな時でしょうか?
「記事タイトルがまさに自分が今知りたいと思える情報だと思ったから」
「記事の出だしで面白そうと思ったから読む進めてしまった」とかではないでしょうか?
このように最初の出だしがペルソナ向けが響く記事タイトルになっていなかったり、出だしが面白くなかったら離脱されてしまいます。

これと同じ原理でLPも最初の出だしが一番重要だということです。

LPのファーストビューで離脱されるケースをご紹介します。
・『1DAY〇〇セミナー』とセミナーやメルマガ名が書いてあるのみ
・『3日で100万円を達成』と売り込みの言葉や怪しさがある言葉
・『文章がやたら長い』最初からじっくり読む人なんていない

LPのキャッチコピーはどう書いたらいいの?

では、目標達成できる人と目標達成ができない人とでは何が違うのか?
LPのキャッチコピーは”あなたのペルソナに対して響く”言葉にしてあげてください。

ここで一つ例を紹介します。
馬肉入りドックフードをLPで売りたい業者の例
ペルソナ:ペットをとても大切にしていて健康にも気遣っている愛好家

キャッチコピー:大切な”家族”にずっと元気でいて欲しい

狙い:ペット愛好家はあなたのペットがとキャッチコピーをつけても響かない
   ペット愛好家はペットを”家族”と思って一緒に暮らしている。

このようにあなたのペルソナをきちんと設計した上でLPの中身を制作していかなければ
せっかく制作をしたりお金をかけても誰に対してLPを制作しているのか?がわからず
最初のファーストビューで誰にも響かないLPになってしまい離脱してしまうことが多いです。

時間的はたった3秒しかありません。
この3秒でいかにペルソナに向けて響かせることができるか?がファーストビューでの勝負になります。

ぜひ参考にしてみてください。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。