滝川が目指しているランディングページとは?

ランディングページ

集客は動線が大事だと思う

私が目指すランディングページとは、競合や他社と違ってただランディングページだけを
制作したり教えますというわけではありません。
私が目指しているゴールはWEB集客が苦手な方でどんな方でもWEB集客ができるようになるような
仕組みを作ってあげたいなぁなんて思っているんです。

そのためには、下記ような仕組みを作らなければいけないと今は研究中です。

CHECK見込み客を集める→サイトを見る→アクションを起こす

 

闇雲集客で理想のお客様に出会えず

WEB集客が苦手だよー!!という方は基本この動線ができていないんです。
とりあえず、Facebookを投稿している・ブログを更新しているという人はたくさんいますが
お客様を最終的にどこに辿り着かせてお客様から「ぜひ、お願いします」と言われるようになるか?
がキーポイントになってきます。

一番よくないのが”とりあえず闇雲にやってみる”という集客のやり方は1番よくないと思っています。
たとえこの方法で集客ができたとしても、私の場合ですが…..
(あれ?自分の思った感じのお客様が来てくれないな….)(あれ?なんでそう伝わってしまったのかな?….)
理想とはかけ離れたお客様ばかりを集客してしまい、後々トラブルになったりしました。

原因はお客様との信頼関係が全くできていなかったんです。
お客様は私の想いが半分も伝わってなくて、私の考えも半分も伝わっていない方を集客しても
意味がないのではないか?と失敗して私は理解しました。

この失敗から『たくさん集客しよう!!』という考え方から『自分の事をちゃんと理解してくれるお客様を集客しよう』
という考え方に変わったのです。
100人集客しても売上げ0なのと、10人集客して10人成約が取れたらあなたはどちらの方がいいですか?
 

動線によって集客の質を高めて行こう

では、どのようにしていったらいいのか?というと
魅力的なランディングページを制作する前にランディングページを見に来てもらう人を集めなければいけません。
なので、まずは『見込み客を集める』事をしていきましょう。
(見込み客の集め方はブログWEB集客にやり方を記載してあります)

見込み客が集まって来ても、あなたの商品の魅力や想いが見込み客の方に伝わらなければいけません。
そのためにはランディングページを使ってあなたの見込み客に商品の魅力や想いを伝えていきましょう。

ですが、ランディングページはただ伝えるだけのページにしてしまうと
(ふーんそっか〜よーくわかった)
と見込み客の方は『行動』を起こしてくれないかもしれません。
なので『行動』を起こしてくれるようにランディングページを改善していく作業も必要です。

PointWEB集客→ランディングページ→ランディングを最適化

これがWEB集客が苦手な方でも動線さえしっかりできてしまえば
あとは自然にあなたの理想のお客様がわざわざ売り込みなんてしなくても
あなたの商品に足を運んだりした時には『購入意欲がある方』しか集客しないし
お客様がこの動線を辿ってくる事で、購入意欲がすでにネット上で湧き上がってくる仕組み
作る事が1番大事なのではないか?と考えています。

関連記事一覧

  1. 清水畑 亜希子

    集客の勉強をしっかりさせていただきたいと思います。

    • mayu0813

      コメントありがとうございます。
      ぜひ、私のブログで参考にできるところは参考になさってくださいー(*^_^*)