ランディングページはリサーチに力を入れろ!!

ランディングページ

デザインよりもリサーチが先!!

ランディングページを制作する上で大事な事は、リサーチです。
どんなに内容やデザインが良いものを制作しても、そもそもターゲットがブレてしまっていては
お申し込みに全く繋がらないランディングページになってしまいます。

実際に私もただなんとなく制作してデザインが好みのLPを時間かけて制作した時はお申し込み2件でしたが
リサーチをするようになってからは、続々と集客ができるようになるLPになりました。
 

失敗してしまうランディングページとは?

では私のように失敗してしまうランディングページとは一体何が原因か?それは…….
“商品のことだけを考えてランディングページを制作してしまうこと”にあるからです。
商品の良さや強みのことだけを考えられて作られたランディングページは売り込みっぽいランディングページになってしまうからです。

例えば想像をしてみてください。
たまたま立ち寄ったアンティーク店に立ち寄ったあなたですが、店員さんからいきなり
「このマグカップなんですがすごくいいんですよー!!それは一点物でしてね
20万円くらいするんですけど、このマグカップで飲むとどんな飲み物でも………………」
と声をかけられたらあなたはひきませんか?

それと同じで、ネット上の売り込み記事も訪問者から嫌な感じで思われてしまいます。
そうなると当然、お申し込みになんて繋がる事はありえない訳です。
 

大きく分けてリサーチとは3つある!!

では、(リサーチと言われても一体何をリサーチしたらいいの?)と思いますよね?私が言うリサーチとは….

1、ニーズリサーチ
ターゲットのニーズに関するリサーチを行います。
2、3C分析
顧客、市場、、競合の3つの観点からあなたのポジションを見つけ出します。
3、ペルソナ設計

ターゲットの人物像を明確にしていきます。

この3つのリサーチをちゃんとしてランディングページの設計をすれば
誰でもほったらかしても集客ができて勝手に売り上げまで作ってくれるランディングページになるでしょう
簡単に言うと24時間動いてくれる営業マンとして活動してくれるということです。

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。