ランディングページの制作で押さえるべきポイントとは?

ランディングページ

ランディングページ制作で押さえる要点

ランディングページを制作する上で必要なのが
”読者に行動を起こしてもらうコンテンツ”にしなければいけないということです。

なのでデザイン重視だけではあまり意味がありません。

これから制作するランディングページは一体何を目的としてゴールは何か?を明確にしていかないと
せっかくランディングページ制作に時間を使っても意味がないランディングページになってしまいます。

そして、そのゴールを達成するためには読者が何を求めていて
読者が何を知りたいと思っているのか?全て読者目線で考えていく必要があります。
 

LPを制作する4つのポイント

ではまずはどこをポイントにするのか?4つに分けて説明をしていきますね。

①%LAST_NAME%さんの商品の強みは何か?をコンテンツを入れていきましょう。

他者にはない強みは何か?他者では得られない強みは何か?をわかりやすく整理して
読者が他者と比較している場合でも商品の検討をして下さるように制作します
文章だけではなくデザインを含めたものに仕上げていくとより伝わります。

②読者の抱えている悩みを記載してページ内で解決を記載していく。

読者は自分事に置き換えることができると行動しやすくなっていきます。
ここでのポイントは読者が抱えている悩みを読者目線で記載してあるか?です。
読者の気持ちになって読者の悩みを掲載しその悩みをどう解決していくか?を掲載していくことで

(これ私のことだ….そうそう…そうなんだよ…やってみようかな?)
と読者の方の思って頂けるようにしましょう

③顧客からの声と実績を記載しよう。

顧客からの信頼がなければモノは買われません。
そこで一番信頼をおけるポイントになるのが顧客からの証明です。
こんな声をもらっていますとかこんな実績がありますとかそういった掲載をしていくことで信頼を持ってもらえるようになります。

④詳細や特典などを記載していきましょう。

どんなに読み進めてくれたとしても商品の詳細がなければ読者が
行動をしたいと思ってくれたとしても詳細がなければアクションがおこせません。
なのでこちらも細く掲載しましょう。

 

Elementorで画像を配置する方法

私がLP制作で使っているEIementorの機能でよく使う画像の配置をやり方をお教えしたいと思います。

①左側のツールの中から『画像』を洗濯して左の点線枠の中にドラック&ドロップをする

②左側のツールが下記の写真のようになったら、赤枠の中をクリックして入れたい画像を選択する。

③メディアの挿入画面になりましたら、挿入したい画像を選択して『メディアの挿入』をクリックする
ワードプレスに挿入したい画像がない場合は、『ファイルをアップロード』からファイルを選択して画像を挿入して下さい。

④画像の挿入が終了する左側のツールと右側の実際の表示に画像が挿入されます。

⑤実際はこのようにWEBに反映されます。これで画像の挿入は完成しました。

では、参考にしてみて下さいね!!

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。